金貨とはどういうものなのか

日本では古くから金貨の取引が行われています。金貨の価値というのはその金貨によって違いがあり、希少価値の高いものとしては未使用品、また発行枚数が少ないものなど、様々です。実は国内にも金貨のコレクターは多く、中には非常に価値が高く、プレミアがついている金貨も少なくないのです。

そもそも金貨とは何か?というと、「金を素材に作られた貨幣」です。金貨のほかに、銀貨、銅貨などがあり、いずれも価値あるものとして古くから世界中で流通していました。金貨は、美しく黄金色をしていて光沢があり、見栄えも非常にいい、また希少性の高いものは多くのマニアが欲しがるものとなっていますし、加工しやすいという点も金貨の魅力です。

金は科学的に安定しているものなので、通所、普通に暮らしている分に錆びる事もありませんし、腐蝕するという事がありません。壊れない、おかしくならない、という事で、古代ローマなどでも有名な金貨があります。

金貨といっても純粋な金については、柔らかすぎて流通という事を目的に利用するモノには不向きで、一般的に銀、銅などが配合された合金が利用されています。近代では、国内、またアメリカなどの場合、90%の金、10%の銀若しくは銅の合金が金貨に利用されています。

現代は紙幣が高額な通貨となっていることが多いので、基本的に「現代流通する硬貨」としては高額な流通硬貨はほとんどないといっていいでしょう。しかし古く利用されてきた希少価値の高い金貨については、現代も高値で取引されることが多く、非常に価値が高い金貨も存在しています。当サイトは金貨の価値について紹介します。金貨に資産としての価値があるとお考えの方が情報サイトとして当サイトを利用していただけたら幸いです。