日本の金貨の価値

日本の金貨についてちょっとお伝えしておきましょう。国内発行の金貨については、「古いものほど」価値があります。江戸以前に作られた小判などはかなりの価値があり、金ダニの金貨は、発行が少ない希少価値の高い金貨に価値があります。

かなり高値が付く金貨としては、明治20年から昭和7年まで発行されている新20円金貨があります。この金貨の場合、昭和5年位の金貨に価値があり、300万円以上するものもあります。一般的な中古備品としての金額は10万から15万位です。新10円は4万円以上の価値、明治43年のものは発行枚数が少なく100万円以上の価値になるといわれています。新5円も中古備品で5万円以上です。

昭和天皇御在位60年記念の金貨は10万円金貨と呼ばれ人気がありました。今も同じ価値で10万円です。日本国際博覧会記念の1万円金貨は美品なものであれば7万円位の価値があります。この金貨は1万円金貨ですが、プルーフ加工されている物なので、当初、額面を超える4万円で発売され、現在金価格が高騰しているという事があり価値が上がっている金貨です。

メイプルリーフ金貨なども人気がありますが、大量に販売されているという事もあり、金額が高値になるという事はありません。しかしこうした金貨を収集するというのは楽しみな事ですし、結果的に高値にならなくても資産としての価値がなくなる事はありませんので、価値ある財産と出来るでしょう。